読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンニモナイ。

ナンニモナイ。日常。感じたことを感じたままに。

手触りとか、温度とか。

 

 

心地良い。

 

 

 

「心地良い」が心地良くなったのは25歳を過ぎた頃だったように思う。

 

 

 

18の頃なんかは刺激的なものや熱いものを好んで選んでいた。

 

尖っていたり、熱を帯びているものはそれだけで魅力的に写っていた。

 

 

だから、田舎が嫌だった。

狭くてぬるくて単調な、そういう田舎が退屈に思えた。

 

 

平凡な田舎で歳をとった。

 

服屋さんで働いて、

晴れた日には公園でピクニックをして、

友達と夜中にドライブをして、

うどん屋さんで働いてる心根の優しい男の子と付き合って、

時々誰かとケンカして、

ライオン通りをはしごして朝まで飲んで、

雨が降ったら車の中でセックスをして、

気に入りの古びた喫茶店でコーヒーを飲んで、

瀬戸内に浮かぶ島々に美術を見つけに行って、

傷ついては泣いて。

 

平凡な田舎で歳をとった。

 

 

 

歳をとる中で好きになることが得意になった。

許せることも多くなった。

 

 

 

 

 

刺激の強いものは痺れてしまうかもしれないし、

熱いものはやけどをしてしまうかもしれない。

 

でも心地の良いものには攻撃性がない。

 

誰も傷つけようとせず、

「気持ち良い」とはまた違う、それを好むようになった。

私と何かの間には「心地良い」があってほしいと思うようになった。

「心地良い」時間。

「心地良い」場所。

「心地良い」空間。

 

それがあればいいと願うようになった。

 

それを見つけたいと思うようになった。

平凡でもいい、退屈でもいいし、普通でもいい。

 

「心地良い」を今日もあなたと共有したい。